2019/10/30 16:36

<作家一覧



陶芸作家

長谷川 哲也 Tetsuya Hasegawa

SHIROUMA(愛知県春日井市) 

 


--------------------------------------


【プロフィール】

1981年 愛知県生まれ。

2005年 京都伝統工芸専門学校卒業

2005年 沖縄・読谷山焼の山田真萬氏に師事

        沖縄の伝統技法を学ぶ。

2014年 京都府宇治田原町にて独立。

2017年 愛知県春日井市に工房を移転。

「山小屋の器」をテーマにした器
SHIROUMA をスタート。

--------------------------------------



愛知県春日井市に工房を構える長谷川さんが現在展開するのは、「山小屋のうつわ」をコンセプトにデザインされたSHIROUMAシリーズ。

工業製品のようなシンプルな形でそれぞれの器がコンビネーションで使えるよう工夫されたデザインと選ぶのが楽しくなるカラーバリエーションが特徴です。

また、耐熱性もあるのでオーブン料理も楽しめるのが嬉しい器です。




長谷川さんの工房は愛知県春日井市の閑静な住宅街地の中にあります。

2017年に建てたばかりの新しい工房です。




長谷川さんが陶芸の道を目指すきっかけとなったのは、20代前半にご友人と旅行に行った軽井沢で立ち寄った陶芸工房でのろくろ体験なんだそうです。
そこで初めて陶芸の土に触れ作る楽しみを経験し、自然豊かな場所で作陶する作家さんに刺激を受け、それまで飲食店で働いていた長谷川さんは心機一転、陶芸家になるべく24歳で京都へ移り工芸専門学校で工芸や陶芸の基礎を学びます。
卒業前にその後も本格的に陶芸を学ぶ場所を探すため西日本の窯元を巡り、倉敷の美術館で「やちむん」と出会います。
色彩豊かな「やちむん」に惹かれた長谷川は卒業後、読谷山焼の山田真萬氏の元で5年ほど助手をしながら本格的に陶芸の技術を学びます。

その後独立すべく地元愛知に戻りましたが、京都の専門学校の先生から工房を紹介してもらい、再び京都へ移り京都府宇治田原町で独立開窯します。



独立してまもなくは沖縄で経験を活かし絵付けをした器を作っていたそうですが、「京都職人工房」という産業若手育成事業プログラムを受講し、商品開発やブランド創出のアドバイスを受け、今のSHIROUMAシリーズを生み出すことになります。
そして、2017年には工房を地元愛知春日井市へ移し今にいたります。



SHIROUMAシリーズのカラーは現在、白・芥子・灰・青・黒の5色のラインナップ。
※当店では白・芥子・灰色の三色を取り扱ってます。


その独特な色と質感を持つ釉薬は長谷川さんが色彩豊かな「やちむん」に触れてきたからこそ生まれたもの。
なんどもテストを繰り返し作り上げたオリジナルブレンドの釉薬です。



『山小屋のうつわをテーマにして、自然の表情や少し使い込んだような雰囲気を目指して、独自の釉薬を使って表現し、持った時に手に馴染み、暮らしにも馴染むように使いやすさも意識して作っているそうです。



僕の場合、生地に赤土を使用して、独自の釉薬で覆うことによって、器の色に深みが出て、表情も豊かになるようにしています。そうすることによって、自然の表情や使い込んだような雰囲気が出て、料理を盛り付けるときにも生かされてくると思います。」

そう語る長谷川さん。




どんな時に喜びを感じますか?の質問には


「イベントなどに出展して、お客さんと直接お話しをして感想を聞かせていただいたり、うつわを気に入っていただけた時や再度来ていただいた方に「使ってますよ」と言っていただいた時などにうれしくなります。また、新作を作っていて、理想の色や表情が出来上がった時もワクワクします。

と語ってくれました。


洗練された形状にどこか温もりを感じる釉薬とのマッチングが素敵な長谷川さんの器、是非使っていただきたいと思います。





>長谷川さんの器一覧はこちら



_______________________________


長谷川 哲也/SHIROUMA


愛知県春日井市


出店・出品情報はインスタグラムをご覧ください


【SHIROUMA】webサイトはこちら


_______________________________